【セサミンで元気パワーを補充】
メインイメージ

辛い更年期障害にもセサミン

思春期になると生理が始まり、年齢を重ねていくと閉経を迎え整理が終わります。
この閉経時期は女性ホルモンの量が極端に減少してしまうため、様々な症状が襲ってきます。
これらの症状を総称して、更年期障害といいます。
更年期障害の症状は人それぞれに違いがあり、かなり軽くほとんど生活に支障がない位ですんだ、という方もいますし、重い人はめまいや頭痛、立っていられないなどの強い症状が起き、入院加療が必要になったという方もいます。
いずれにしても辛いこの更年期障害の症状を改善、予防してくれる効果があるのがセサミンです。

女性ホルモン「エストロゲン」が極端に減少することで更年期障害と呼ばれる症状が起こる事がわかっています。
更年期障害の治療には女性ホルモンを体内に摂取するという方法がとられることが多いのですが、セサミンを摂取することで女性ホルモンを摂取するのと同じような働きが得られるのです。

セサミンには、女性ホルモン様の働きを持っている植物エストロゲンが含まれています。
この植物エストロゲンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをし、女性ホルモンのバランスを整える、また自律神経にも作用するため、更年期障害の辛い症状を改善する効果http://www.seismicradio.com/kounennkisyougai.htmlがあるといわれています。

更年期障害は、通常、閉経となる50代前後に発生するといわれていますが、実は最近、30代・40代という若い世代も更年期障害と同じような症状を起こす方が多くなっています。
こうした若い年代の更年期障害については、若年性更年期障害といいます。
なぜ若い世代に更年期障害のような症状が起こるのかというと、ストレスなどによって女性ホルモンのバランスが乱れていることなどが要因といわれています。

閉経時ではなくても、生理不順だとか、女性ホルモンの分泌が低下しているという方は、セサミンを積極的に摂取し、辛く嫌な症状を予防、改善していきましょう。
特に若い世代は、その先に妊娠の可能性もありますので、女性ホルモンを正常化しておくことはとても重要なことです。

トップに戻る