【セサミンで元気パワーを補充】
メインイメージ

たった1%ゴマリグナンとセサミン

ゴマに含まれているセサミンという成分が私たちの健康にいいとして、サプリメントなど様々な商品が販売されています。
このセサミンという成分はゴマのゴマリグナンという抗酸化物質の一種で、ゴマリグナンはゴマを構成する成分のたった1%という非常に希少な成分です。

希少な成分であるゴマリグナンの中のセサミンは、非常に強い抗酸化作用を持っていて、体内で発生した過剰な活性酸素を除去する働きを持っています。
抗酸化作用は酸化を防ぐ物質です。
例えば水がついた鉄はいつしか錆びます。
この作用が酸化という作用です。
この酸化を食い止めるためには、抗酸化作用を持った成分が必要となるのですが、セサミンには強い抗酸化作用がある注目されているのです。

活性酸素は体内に全く必要ないという事はなく、殺菌作用の働きがあるので全くなくなってしまうのは困ります。
外部から侵入してくる細菌類やウイルスなどを排除してくれるという働きを持っているので体内で適量は必要なわけです。
でも過剰発生してしまうと、健康な細胞まで攻撃してしまうため、悪者とされてしまうのです。

活性酸素は呼吸によって取りこんだ酸素が何らかの影響で酸化して作られますが、ストレスも大きく影響します。
ストレスを受けると体内で大量の活性酸素が生まれてしまうため、セサミンを継続的に摂取するという事は、ストレスに強い体を作るという事にもつながるのです。

またセサミンの代表的な働きに肝臓機能強化の働きがあります。
解毒や代謝を行う体内の化学工場と呼ばれる重要な臓器「肝臓」に直接働く成分で、肝臓の細胞の酸化を抑制する効果があるため、肝臓がしっかり働けるようになり、解毒や代謝、エネルギー産生などを行い疲労しにくい体にしてくれるという事もわかっています。

ゴマに含まれる希少な健康成分であるセサミンは、肝臓機能を強化する、保護するという働きを持っているという事で注目されましたが、その他にもさまざまな働きを持ち、私たちの体に役立つ成分なのです。
ゴマにたった1%しか含まれていないゴマリグナンの中の半分くらいがセサミンです。
サプリメントなどでしっかり補給し、この希少な成分を健康に活かしていきましょう。

トップに戻る