【セサミンで元気パワーを補充】
メインイメージ

ストレスに効くセサミン

今日のような情報化社会では、様々な情報があふれ、いろいろな価値観を知ることにより、違和感を覚えたり「自分は間違っているのだろうか」という不安に陥ったり、とかくストレスが溜まりがちです。
最近では、瞑想が脳を休める(ストレスを軽減させる)効果があると科学的に解明されたことから、瞑想をする人が増えているといいます。
このことからも、多くの人がストレスや疲れを解消したいと願っていることが分かります。

身体に摂取することでストレスを軽減させるといわれているのが、ゴマなどに含まれる『セサミン』という物質です。
身体はストレスを感じとると、副腎皮質ホルモンを分泌して、ストレスにをやっつけようとするのですが、その際に活性酸素という物質がつくられます。
活性酸素の勢力が強くなると、脳に悪影響を及ぼします。

セサミンには副腎皮質ホルモンの分泌を促進させる効果があると同時に活性酸素を抑制する抗酸化作用があります。
活性酸素は主に肝臓に存在しますが、添加物を含んだ食品や血液中にも存在します。
そのため、肝臓にいきつくまでに使われてしまう抗酸化物質が多いのです。
しかし、セサミンは肝臓にまで届く抗酸化物質なのです。
そのため、精神安定効果が高いといわれています。

最近では男性のストレスによる更年期障害も増えてきているようです。
セサミンには、自律神経と血管の働きを活性化する効果があり、このホルモンのバランスやストレスによる更年期障害にも有効だといわれています。

トップに戻る