【セサミンで元気パワーを補充】
メインイメージ

セサミンと更年期

セサミンはゴマリグナンに含まれる成分の1つで、女性ホルモンと同じような働きをする植物性エストロゲンが多く含まれています。

もともと女性は月経があることでホルモンバランスが崩れがちです。
それによって身体に変調をきたすことも多く、ストレスなどと伴い、精神的にも辛くなることがあります。
そして女性ホルモンは閉経前後の40~50代頃になると女性ホルモンは急激に分泌量が減っています。
女性ホルモンは生殖機能だけではなく、生体機能にもかかわっているので、呼吸、血流、発汗など自律神経が担う機能も上手く働かなくなってしまいます。
そのことで、ほてり、頭痛、倦怠感など、更年期障害の諸症状が出てきやすくなります。

現在、更年期障害の根本的な解決策はないのですが、医療機関での女性の更年期障害の治療にホルモン投与が多いのは、エストロゲンを補うことで諸症状を和らげることができるからなのです。
そして、セサミンは女性ホルモンそのものではありませんが、同じような働きをする植物性エストロゲンを補うことで、自律神経が活性化し交感神経と副交感神経のバランスが整います。
そして血流も促進されるので更年期障害の諸症状を改善することが可能なのです。

セサミンはカルシウムも含んでおり、更年期を境に増加傾向の骨粗しょう症の予防にも有効です。
またセサミンとビタミンEを一緒に摂ると血液中のビタミンEが効率よく機能して、更年期障害の諸症状の改善の効果が高まるといわれています。

トップに戻る